日記

バックナンバー

[先月] [目次] [来月] [最新版] [管理]

2005年3月14日(月) 観光場面スキット

きのう、きいたはなし。

韓国の某大学で、観光業用のビデオ教材をつくっているのだが、まず 韓国語で
スキットの台本が できて、それを韓国人が演じ、そのあとで その映像に
あわせて 各国語の翻訳をつけるのだそうである。

でもね。そんなふうに 韓国語と おなじような ながさで ひとつひとつの
せりふを翻訳するのには無理があるのではないか。それに、ことばが ちがえば、
当然、自然な やりとりの 手順も ちがうのではないか。韓国語の会話なら、
いきなり要求するのが ふつうでも、日本語だったら とおまわしに 意をくみとって
もらうことを期待するような いいかたから はいっていくのが 自然ということも
ある。

翻訳というのは、そんな機械的なもんじゃないはず。だからこそ、そこに
「原語民教師」が いるはずなのに。。。。。と、はなしをきいていた わたしのほうが
いかってしまったのでした。。


[先月] [目次] [来月] [最新版]

your@mail.address
Akiary v.0.51