(1999年1月16日から)

この文書は、内容に誤りがあったので、98年3月12日に次の部分が書き直されています。(末尾参照)




  崔相哲【`ち(ぉ)ぇさ~,`ちょl】さん、こんにちは。

  わたしは、秋月康夫(あきづき・やすお)と言います。
  去年の9月まで、福岡YMCAで日本語を教えていました。今は、韓国の束草市の「学院」で、日本語教師をしています。

  福岡YMCAの「1組のページ」を見たら、崔さんの、次のような質問がありました。この手紙は、その質問への回答です。

  失礼ですが、崔さんの「質問」の文章にまちがいがあったので、直して引用します。

>私は韓国人で日本語を勉強 しているChoi(?)Sang(相)chul(哲)といいます。
>質問がありますが いまわたしは日本語でメールを書くことができないので
>すみませんが失礼してここに書かせていただきます。
>今理解できない文章があります。
>つぎのように辞書形 ( 基本形)に分解して説明してください。
例:「そう言うと思って」→「そう+言う+と +思う」
質問です。

 >1.ここに置いときます。
 >2.その辺は聞かずもがなってとこあるんじゃないかな。
 >3.どういうこと。私、ここにきちゃいけなかったの?

>またもうひとつ。後の文章で
「大人じゃん」の意味するのはどんなことですか?

 >建一に言いあてられて、紘子はすこし照れくさく、 「大人じゃん」と言ってごまかした。

>よろしくおねがいします。 それでは。

  崔さんは、『愛していると言ってくれ』という、日本のテレビドラマの脚本を読んでいるようですね。それとも、ビデオで見ているのでしょうか。
  おもしろいですか? 

  最近、韓国のKBSのドラマでも、手話の出てくるものがありましたね。でも、耳の不自由な主人公のまわりの人たちが、主人公の手話がわかるのに、自分では全然手話をしないので、へんだと思いました。わたしは、手話は全然できませんが、手話を習っている友だちがいました。だからわかるのですが、手話を勉強して理解できる人は、手話で話すこともできるはずだと思います。

  外国語でも同じです。日本語が聞いてわかる人は、話すことも少しはできなければへんです。もし、全然話せなかったら、勉強の方法を変えてみなければいけませんよね。


  さて、質問に答えましょう。

1.ここに置いときます。

 これは簡単です。
 
    ここ+に+置く[て形]+おく[ます形]
です。[動詞−て形]+おく は、”あとで何かをするための準備/配慮;あとで悪いことが起こらないようにするための注意/用心”を表します。ここではたぶん、
  
「あなたはたぶん、ここに置いたものを使うでしょう。だから、取りやすいところに置きますよ」
というような意味でしょう。

 文法の規則どおりにすると、「
ここに置いておきます」と、なりますね。この、真ん中の「」と「」の発音が融合して、短い形の「」になっています。動詞の[て形]が「」で終わるときは、「」になります。会話ではよく使う形なので、練習してください。

 
    置く  →  おいておく   →  おいとく
     読む  →  読んおく   →  よん
   手紙を書く → 手紙をかいておく → 手紙をかいとく
   電話をする → 電話をしておく  → 電話をしとく

のようにすればいいです。  



2.その辺は聞かずもがなってとこあるんじゃないかな。

 これは、ていねいに書き直すと、次のようになります。

     その へんは、 きかずもがなと いう ところが あるのでは ないかな。

いちばんむずかしいのが、「きかずもがな」という部分だと思いますが、これは、慣用句(かんようく)です。無理に分解すれば、 聞く +ず《否定》 +もが《願望》 + な《詠嘆》 ということになって、"聞かないでいたいことだなあ"と解釈できますが、古い使い方ですし、他に応用の効く用法ではないので、

        
[動詞−「ず」の形+もがな

で、”したくなるかもしれないけど、 しないほうが いいかもしれない こと(なんだよね)”という意味だと考えればいいでしょう。これはもともと、文が終わるときの形なのですが、現代の日本語では、これ全体を名詞のように考えて使うことが多いようです。たとえば、

      ・  サッカーで日本が勝って、韓国人の金さんがどんな気持ちかなんて、
       そんなこと、言わずもがなのことだよ。
              
「言わなくても想像できるのだから、言葉に出して言って不必要な問題を起こさないほうがいいことだ」
      ・  新しい電気製品なんて、買わずもがなで、買うとろくなものがない。  
              
「広告を見ると、ほしくなるけれども、実際に買うと後悔することが多いから、買わないほうがいい。」

のように、うしろに「の」や「で」が、ついていますね。

 文脈がないと、はっきりわかりませんが、この場合はたぶん、
  「そのことや、それに関することについては、”質問したいことがあっても、わざと質問しないで事情を理解してあげたほうがいい”という判断が当たっている部分があると思うけど、あなたもそう思いませんか。」
というような意味だろうと思います。

 この文型は、全部の動詞に使えるわけではありません。「勉強せずもがな」とか「働かずもがな」とかの表現は(探したらあるかもしれないけど)聞いたことがありません。よく使うのは、「言わずもがな」「聞かずもがな」の二つだけだと考えてもいいと思います。だから、こういう表現はそのまま覚えるのがよくて、基本形に分析するのは、せずもがなのことだと言えるでしょう。


  [補足1] [動詞−「ず」の形]
    
「ず」は、否定の「ない」の古い形です。動詞の「ず」の形は「ない形」とだいたい同じですが、
   「する」に関しては、「せず」という形になります。

            飲む     のまない     のまず
           食べる     たべない     たべず
            する      しない      せず
            くる      こない      こず
 
  [補足2]
  ・「その辺」 → そのへん: 1.その近所/その近く
                 2.それに関すること 

  ・「とこ」  → 「ところ」の短い形。会話でよく使われる。
          この場合は、そのあとの助詞「が」も、省略されている。

  ・「あるんじゃないかな」
         → 「あるのではないかな」。「〜のだ」の会話体「〜んだ」
          が使われている。これは「〜んです」の普通体だと考えれば
          よい。”あなたの言ったことに答えていますよ”という気持
          ちを表したり、”〜だから、〜ほうがいいと思いますよ”と
          いう部分を省略して話していることを示している。
           後半の、「〜じゃないかな」は、自分の考えを、相手の気
          持ちを傷つけないように距離を置きながら言う言い方。「
          ゃない」の部分で、考えが確実ではないこと、「か」の部分
          で、意見を押しつけているのではなくて自分もその考えが正
          しいかどうかわからないという態度、「な」の部分で、それ
          が個人的な考えだということを示している。「じゃない」に
          ついては、下の説明も、参照してほしい。

3.どういうこと。私、ここにきちゃいけなかったの?

 これは、単純な省略と、縮約形(短い形)です。ていねい体で書くと、

    どういうことですか。私は、ここに 来ては いけなかったのですか。

となります。「どういうこと」「こと」は、”理由”という意味だと思えばいいでしょう。もっとも、ここでは「どういう理由でなのか」の””の部分も省略されていて、はっきりしていませんから、「理由」ということばは使えません。「どういうことですか」、あるいは、「どういうわけですか」と、ききます。

  「来てはいけない」の意味はわかると思います。ここでは、「いけなかった」という形になっていますね。これは、「来てはいけないのに来てしまった」という意味です。

  最後のところで
「〜の?」と、再度、「〜んです」が使われていますが、これは、「〜ということですか」の代わりに使われていると考えていいと思います。

  ですから、ここでの意味は、たぶん、
「どうして(そんな態度をとるの)ですか。私がここに来てはいけないのに来たと、あなたは言いたいのですか」
というような意味でしょう。ただし、この人はたぶん、「ここに来てはいけなかった」と相手が答えないだろうと思っているはずです。「そうじゃないでしょう。それでは、どんな理由があるのですか」というのが、本当に言いたいことですね。こういうのを、「反語」と言います。

  崔さんがわからなかった理由は、おそらく、「ては」が「ちゃ」に変化していたところでしょう。
[動詞−て形]+おく のときと同じで、これも、「来てはいけない」の、真ん中の「」と「」の発音が融合して、短い形の「ちゃ」になっています。動詞の[て形]が「」で終わるときは、「じゃ」になります。これも会話ではよく使う形なので、練習してください。

 
    来る  →   きてはいけない   → きちゃいけない
     読む  →  読んではいけない   → よんじゃいけない
   手紙を書く → 手紙をかいてはいけない → 手紙をかいちゃいけない
   電話をする → 電話をしてはいけない  → 電話をしちゃいけない

のようにすればいいです。  


4.建一に言いあてられて、紘子はすこし照れくさく、 「大人じゃん」と言ってごまかした。

  これも、縮約形(短い形)です。「大人じゃん」は、「おとなじゃない」を短くした形です。

  ただし、この部分のアクセントは、

      と・な・じゃ↓        ほ ん・じ↓
 A  お↑       な・い   に↑      ん・じゃ・な・い

と、なります。

      と・な・じゃ・な↓      ほ ん・じ↓     な↓
 B  お↑         い   に↑      ん・じゃ↑  い

と発音してはいけません。は、「おとなではありません」という意味です。ここでの意味は、そうではなくて、のほうです。意味は、最後を少し上げて言うと「おとなでしょう」、最後を下げて言うと、「おとなですね」とほぼ同じになります。アクセントだけで意味が全然ちがってしまうんですね。気をつけましょう。  それから、は、[名詞][な形容詞(形容動詞・名詞形容詞)]にしかつきませんが、は、[動詞][い形容詞][な形容詞][名詞]の基本形・過去形・否定形・過去否定形、つまり、普通体の全部の形のあとで使うことができます。

  お酒、  のむじゃない/  のまないじゃない/  のんだじゃない/ のまなかったじゃない
  お酒、  強いじゃない/  強くないじゃない/ 強かったじゃない/ 強くなかったじゃない
  今日は 元気じゃない/元気じゃないじゃない/元気だったじゃない/元気じゃなかったじゃない
  あの人、 男じゃない/  男じゃないじゃない/男だったじゃない / 男じゃなかったじゃない 


  「〜じゃん」は、の、最後を下げて言う言い方が短くなったもので、 

      と・な・じゃ ん        ほ ん・じ↓
 A  お↑              に↑      ん・じゃ ん

と発音されます。

  ですから、ここの部分の意味は、「あなたは大人ですね」ということになります。これも、上と同じように書いてみると、次のようになります。

  お酒、  のむじゃん/  のまないじゃん/  のんだじゃん/ のまなかったじゃん
  お酒、  強いじゃん/  強くないじゃん/ 強かったじゃん/ 強くなかったじゃん
  今日は 元気じゃん/元気じゃないじゃん/元気だったじゃん/元気じゃなかったじゃん
  あの人、 男じゃん/  男じゃないじゃん/男だったじゃん / 男じゃなかったじゃん 

この言い方は、とても乱暴なので、友達の間だけで使うように注意しなければなりません。


  これで、わかったでしょうか。日本語は、話す言葉と書く言葉の差が大きいので、勉強がたいへんですね。直接話して教えるのとちがって、このように日本語を日本語で書いて説明すると、文章がどうしてもむずかしくなってしまいます。でも、ここに説明したことは大切なことばかりですから、よく読んで、それでもわからなかったら、また、質問してください。

  また、この説明は、他の日本語の先生も見ることができるようにしてあります。私の説明がまちがっていたり、もっといい説明があったら、他の先生が指摘してくださるかもしれません。そのときには、私の方から、もういちど、崔さんに連絡します。

  崔さんは、どこに住んでいるのですか。ドラマは、どうして手に入れたのでしょうか。できたら、教えてください。それから、時間があったら、このホームページ他のページも見てください。


3月12日の訂正前は、次のような記述になっていました。

>>>2.その辺は聞かずもがなってとこあるんじゃないかな。
>>>
>>> これは、ていねいに書き直すと、次のようになります。
>>>
>>>     その へんは、 きかずもがなと いう ところが あるのでは ないかな。

>>>いちばんむずかしいのが、「きかずもがな」という部分だと思いますが、これは、慣用句(かんようく)です。
>>>無理に分解すれば、 
聞く +ず《否定》 +も《拡張》 + がな《詠嘆》 ということになって、"聞かなく
>>>てもいいことなのになあ"と解釈できますが、古い使い方ですし、他に応用の効く用法ではないので、